会費を使った挙式とは

花

費用負担を最小限にできる

もともと会費制の結婚式は、北海道でよくおこなわれている挙式スタイルです。それが最近になって、挙式する側とゲストの双方にとってメリットがあると評判になり、広い地域で取り入れられるようになってきました。その背景には、極力お金をかけずに挙式披露宴をあげたいという新郎新婦側の事情があるようです。確かに会費制の結婚式はご祝儀制よりカジュアルにできるため、新郎新婦の負担額をかなり抑える事ができます。また、費用の負担が少なくてすむのは新郎新婦だけではありません。招待されるゲストの方も、費用負担の軽減の恩恵にあずかる事ができます。というのも会費制ならあらかじめ金額が決まっているので、通常はそれ以上のご祝儀を包む必要がないからです。この点はご祝儀をいくら包むか悩まなくてすむため、ゲストの金銭や心理的なプレッシャーを取り除く事ができます。それに加えて、会費制の結婚式なら予算や招待客の規模に合わせた挙式や披露宴を行う事も可能です。通常の挙式ではご祝儀の正確な額がわからず予算が立てにくい部分がありますが、会費制の結婚式ならそのあたりが明瞭なのでより計画的な予算配分をする事ができます。さらに支払い方法についても、会費制の結婚式であれば前払いする必要がありません。すべて挙式後の後払いになるため、会費ですべてまかなう事もできるはずです。そんな感じで費用の負担が大幅に減らせるのが会費制の結婚式です。これなら貯金がないカップルでも、十分に予算を確保しながら計画的に挙式する事ができるといえるでしょう。

Copyright© 2018 【結婚式場をしっかり選ぼう】会場探しのポイントを伝授 All Rights Reserved.